スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年05月08日

好きなものはスキ!!!


お店でラジオを聴いています
ザ・バンドのガースハドソン追悼番組





  「ザ・ウェィト」

  かっちょいい

  涙がでてきました

  この曲と出会って38年もたつんだナァ

  好きなものは年月を越えて血を熱くさせてくれるものですネ


    
  ‘生きてゆくために背負わなければならない重荷’「ザ・ウェイト」の歌詞一部
  写真は伝説のコンサート「ラスト・ワルツ」。渋すぎるほどの大人のバンドでした











  好きなことがもうひとつ、、、


  犬や猫、牛・馬・豚にアヒル・ニワトリ・うさぎがいた
  子供時代につちかわれたDNAが、、、ペットショップになりました












  


Posted by ハバナデー at 13:09Comments(0)ちょっと、music

2012年03月06日

拝啓 シンディローパーさま


今朝のTVでシンディローパーがスタジオで
生唄を歌ってくれたのを聞きました
         ・
         ・
         ・




  一年前の3月11日
  大震災の直後、日本でのコンサートのために来日
  未曾有の大震災の混乱のなか
  他のミュージシャンが帰国するのに予定通りコンサートを行い
  さらに会場で募金を呼びかけた



  このことをシンディは
  『私にできることは音楽
  私の歌で勇気と元気を与えることが私の仕事
  こういう時こそ日本にくることが出来て
  私の人生の中でも名誉なことでした』



  このツァーで再来日を約束したとおり
  いま日本に来てくれています
  きのうは石巻の小学校を訪れ桜の苗木10本を寄贈してくれました

  

  『私が有名であるということを使って
  世界からこの地が注目されさらに支援が集まれば
  まさに私がここに来た意味がある』









  上記はネット上の記事を再構成したのですが
  こんな記事もはじめて知りました

   昨年3月(大震災の直前の1週間前)
   アルゼンチンの空港で飛行機の遅延や欠航で大幅に乱れ
   搭乗客が大騒ぎとなったとき、同じく飛行機を待っていた
   シンディが客を落ち着かせるためにアナウンスのマイクで
   歌い始めその場に居合わせたみんな大喜び騒ぎは収まった



  そして震災からちょうど1年となる11日に
  東京渋谷Bunkamura オーチャードホールでコンサート

  その模様は全国14ヶ所の劇場で同時生中継されるほか
  ( 収益金は 日本赤十字社を通じ被災地に全額寄付)
  被災地の石巻市、名取市、北上市、福島市では無料中継










ありがとうシンディ
58歳になるあなたにわたしはこれで二度目の感動をさせてもらったよ
一度目は『We Are The World』

‘そんなちっぽけな理屈なんかいらないから
すぐ手助けに向かわなくっちゃ’

とでも云っているような「♪wou wou wou Oh!!」の歌いだし
あのくだりと熱唱は並み居るスーパースターたちのなかでも秀逸でした

     「ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」
     1985年、アメリカの大物アーティスト45人が一堂に会し
     当時深刻化していたアフリカの飢餓救済のために
     チャリティーレコーディングした


そして私たちを力づけてくれてありがとう
あなたはTVで観る歌手のヒトではなくなりました

日本の友人
すぐ隣にいるお姉さんになりました











  


Posted by ハバナデー at 16:31Comments(0)ちょっと、music

2011年11月16日

深ぁーい訳が、、、、(汗)


かつてこんなに間を空けたことはありませんでした
ハバナデー日記5日ぶりの記事
これには深ぁーい訳が、、、(^^ゞ





  

  この写真5日前の深夜すぎです
  あるフォークソングBARでおじさんズが
  「五つの赤い風船」を唄っています

  2時過ぎまで、、、泥酔

  かくて2.5日酔い
  あわれ撃沈orz











  さて身じまいを正してマジメなお話を(笑)
  あわれなオトコからたちなおったとたん


  用事がてんこ盛りになっていましたぅ
  なかでもたいせつな新店工事


  やぁーっとここまでたどりつきましたが
  問題に次ぐ問題でスケジュールがだいぶ押してきてしまいました
  みなさまぁ、ご声援をヨロシクお願いいたします


  P1250151.jpg
  真正面が子犬コーナー。その奥がトリミングルームになります













  そしてきょうは間を空けてしまいましたお詫びに
  <おまけ>記事をご覧いただけますでしょうか

  きょう日中配信いたしましたメルマガvol491
  題して「いちばーんおりこうさん♪」
             ・
             ・
             ・  




  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  §1.おだて系、それともニンジン系
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  さて、そろそろ頭をかすめる年末の大掃除
  妻が夫に求めるのは、、、


  「汚れの落ち具合」より
  「積極的な姿勢!!」だそうです





   
  夫の大掃除に対する不満の第一位は
  「積極的でなかった」がダントツ81%! 


   ダスキンがおこなった
   全国の既婚者2700人への
   アンケートなのですが


  では夫にヤル気をおこさせる一言は?
  「私にはできないからガンバッテ♪」
  「あなたが掃除してくれるとキレイ♪」
  といった‘おだて系’


  逆に妻が夫に云われてよかったのは
  「無理しなくていいヨ♪」
  「終わったら外食ネ♪」
  という‘ニンジン系’なのだそうです






  ところであなたさまの愛犬さんへのしつけ方は
  ‘おだて系’それとも‘ニンジン系’!?


  特徴によってしつけ方にもひと工夫して
  来年は愛犬さんの長所を
  もっとひきだしてあげたいですネ


  そしてひとつだけハバナデーからプレゼント
  ‘おだて(ほめてしつける)’や
  ‘ニンジン(ごほうびオヤツを使う)’をしながら
  ココロのなかで次のようにつぶやきます


    「(あなたは世界のどの犬より
 
     いちばーんおりこうさん♪)」




 











        聞こえてきましたヨ
        あなたの「フレ~フレ~」が
        うんうん、ありがとうございます











  


Posted by ハバナデー at 20:20Comments(0)ちょっと、music

2011年09月11日

定禅寺ジャズフェス、出場おめでとうございます


(きのう、市民公開セミナーで「ペット生産におけるブリーディングの仕方・・・長期近親交配の危険を科学する」を聞きそのことを書こうとおもっておりましたところ、今朝の地元紙に『定禅寺ジャズフェス』に出演された方のインタビュー記事が胸を打ち、みなさまにも思いを汲んでいただければと記事を転載させていただきました)









3.11大震災大津波からちょうど半年
まだ亡骸もみつからなかったり、生活が破壊されてしまったり
深い喪失感をもたれていらっしゃる方へ明日への希望にと
『ジャズフェス』が実行委のみなさまのご努力でひらかれました


またフェスに参加することを毎日の糧にして
がんばってこられた方々もいらっしゃいます
そのインタビューです
(以下は地元紙「河北新報」30面記事から抜粋転載。写真も)
             ・
             ・
             ・






   「ここに戻ってこられて良かった」
   岩手県大船渡市のビッグバンド「サンドパイパースオーケストラ」
   トランペット担当の公務員吉田さん(55)=大船渡市=は
   演奏後充実感につつまれた


   自身と、メンバー3人の自宅が津波で流され
   手元に残ったのは車とトランペット


   「たいへんな生活の中で
   ジャズフェスへの出場が一日一日を生きる目標だった」


   
   730のバンドが45ヶ所のステージから今音楽を奏でています












   出場おめでとうございました
   魂のこもった演奏をされたことと存じます


   音楽にはコトバがありますものね
   さぞいろんな思いを奏でられたことでしょう


   その中にあって鉢呂経産相のとりかえしのつかない失言には
   その人間性を恥ずかしくさえ思います










     さてジャズフェス
     ファイナルステージ(仙台市役所前公園・特設ステージ)に
     同じ高校の1年後輩で在学していたころ私の伴奏をしてくれた
     内海くん(ギター)のバンドがトリをつとめるそうです

     お店の後片付けを任せて
     これから楽しんできます

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  


Posted by ハバナデー at 16:48Comments(0)ちょっと、music

2011年09月05日

「A(ラ)」の音で鎮魂・・・  定禅寺ジャズフェス



 2011-9.5-7.jpg

  2011.9.5-6.jpg











   きょうの地元紙に
   ‘日本最大級のストリート音楽祭’と書かれていました
   『定禅寺ジャズフェス』も21回目を数えます


   昨年にもまして出演バンド数も730グループとふえ
   ステージも45ヶ所から音楽が奏でられ
   街が音符に包まれます


   imgff9f3a07zikfzj.jpeg 
   この写真はおなじく地元紙に、数年前に載っていた記事の転載なのですが
   この仙台という街のやさしさが感じられ毎年使わせていただいています

   そして震災からちょうど半年経つ9月11日2時46分に各バンドが「A(ラ)」の音を
   1分間奏で鎮魂を祈ります。「A」の音とはオーケストラの音合わせに使われますが
   お寺の鐘の音、赤ちゃんの第一声も「A」の音と云われるそうです









   仙台駅を降り立てばすぐそこから音楽が聴こえます
   45ステージをしめすマップも配布されています

   どうぞ、みなさまのお越しを
   お待ち申しております



   『定禅寺Stジャズフェスティバル』公式HP
   http://www.j-streetjazz.com/ 





















   おまけ:この写真は数日前飲み友達3人で
   フォークソングBARでのお遊び

   

         「来年は出たいナァ」と毎年思っております(^^ゞ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   


Posted by ハバナデー at 16:06Comments(0)ちょっと、music